自宅で簡単家庭菜園!水耕栽培とは?

自宅で簡単家庭菜園!水耕栽培とは?

そもそも水耕栽培とは?

水耕栽培とは、土を使わずに「水と液肥(液体肥料)」で植物を育てる方法です。

土で栽培するよりも簡単で、手間がかからず、「外の畑やプランター、ベランダで栽培」するよりも「手軽で、室内で、省スペースで、コスパ良く、虫も付かずに」育てられます。

水耕栽培のメリット

  • 成長が早い
  • 無農薬栽培である
  • 土づくり(成分はphの調整)がほぼ不要
  • 水やりの回数が軽減
  • 室内で栽培ができる
  • 省スペースで栽培ができる
  • 虫や病気が発生しにくい
  • 低コストで始められる
  • 室内であれば温度が安定している事もあるのであまり季節を気にしなくて済む

水耕栽培は極端に言えば始めは「入れ物、種、水があれば」できます。その後の成長を促す為に液肥を使います。液肥はハイポニカ派と微粉ハイポネックス派に分かれている感じがしますが、私は微粉ハイポネックス派です。

ハイポニカも使った事があるのですが、二つの液剤を混ぜるのが面倒でやめてしまいました。それと、根を伸ばす成分が微粉ハイポネックスの方が優秀みたいなので、微粉ハイポネックスに切り替えました。液体のハイポネックスも売っていますが、微粉の方が少量から購入でき、成分も優れているので微粉がおすすめです。

水耕栽培で気を付けなければいけないこと

  • 根腐れ
  • 液肥のこぼれ
  • 日照不足
  • 藻の発生
根腐れとは

根腐れとは

文字通り植物の根が腐った状態です。

原因は根の酸素不足です。水をやりすぎたり、水はけが悪いと根腐れを起こします。

もし余裕があるようでしたらエアポンプなどを導入すればあまり気にしなくてもよいと思います。簡単なもので大丈夫だと思います。

もしエアポンプなしでやるのであれば、十分に根が伸びたら、培地(スポンジとか)と液肥の間に少し隙間を入れてあげればOKです。液肥の水位を下げるだけです。

液肥のこぼれ

文字通り液肥のこぼれです。色々とやってるとこぼれてしまうのでお気をつけください。

日照不足

日照不足

室内栽培の場合一番重要な項目かもしれません。

我が家では窓際で栽培していますが、断熱シートを貼ってあるのでプラスで生育ライトを導入しています。まだ試験的なのですが、「赤、青」の光のLED植物育成ライトと、「白」のLEDバーライトです。なんとなく「赤、青」の方が葉の成長が良い気がします。「白」の方はいまいち遅いイメージです…。商品によっても違いがありますので、色々と試してみるのもいいと思います。

藻の発生

栄養が沢山入っている液肥が日光に当たりますと、藻が発生します。

植物にとって良くないので、光を通さないアルミホイルはアルミシートを入れ物に巻き付けるか、そもそも日を通さない不透明な入れ物で栽培するのがおすすめです。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

oskn
  • oskn

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。